コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

確率音楽 かくりつおんがくmusique stochastique

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

確率音楽
かくりつおんがく
musique stochastique

ギリシアの作曲家ヤニス・クセナキスが,1950年代後半から行ない始めた作曲方法。音楽の形式や展開を,確率論の法則に従う推計学的 (ストカスティック) プロセスとしてとらえるもので,音の諸要素 (パラメータ) の分布を,ポアソン分布に従って,確率論的に決定し,楽器 (あるいは電子音響) に配分する方法が採られる。初めは手計算であったが,62年から確率計算にコンピュータが導入され,作品はコンピュータ音楽とも呼ばれることとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

確率音楽の関連キーワードギリシア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android