(読み)ヤード

精選版 日本国語大辞典「碼」の解説

ヤード【碼】

〘名〙 (yard 「さお」の)⸨ヤールド・ヤールト⸩
① ヤード‐ポンド法の長さの基本単位。一ヤードは三フィート(約九一・四四センチメートル)。主にイギリスやアメリカで用いる。記号 yd ヤール。
※日本貿易新聞‐文久三年(1863)六月七日「一ヤールト我三尺にして即十丁なり」
② 横桁。帆船マストや信号柱などの上部に、横方向に対称に渡された円材。帆を取りつけるためのもの。〔工学字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「碼」の解説

ヤード【碼】

ヤードポンド法の長さの単位。1ヤードは3フィートで、約0.9144メートル。記号yd ヤール。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android