コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯田湖竜斎 いそだ こりゅうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯田湖竜斎 いそだ-こりゅうさい

?-? 江戸時代中期の浮世絵師。
江戸薬研堀(やげんぼり)の浪人。はじめ鈴木春信の影響をうける。安永年間(1772-81)に独自の作風の美人画で人気作家となる。法橋の位をあたえられた晩年は,版画から肉筆画に転じた。名は正勝。通称は庄兵衛。別号に春広。作品に連作錦絵「雛形(ひながた)若菜の初模様」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いそだこりゅうさい【磯田湖竜斎】

江戸中期の浮世絵師。鈴木春信の影響を受け、錦絵の美人画をよくした。生没年未詳。代表作「雛形若菜の初模様」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android