コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯田湖竜斎 いそだ こりゅうさい

2件 の用語解説(磯田湖竜斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯田湖竜斎 いそだ-こりゅうさい

?-? 江戸時代中期の浮世絵師。
江戸薬研堀(やげんぼり)の浪人。はじめ鈴木春信の影響をうける。安永年間(1772-81)に独自の作風の美人画で人気作家となる。法橋の位をあたえられた晩年は,版画から肉筆画に転じた。名は正勝。通称は庄兵衛。別号に春広。作品に連作錦絵「雛形(ひながた)若菜の初模様」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

いそだこりゅうさい【磯田湖竜斎】

江戸中期の浮世絵師。鈴木春信の影響を受け、錦絵の美人画をよくした。生没年未詳。代表作「雛形若菜の初模様」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磯田湖竜斎の関連キーワード籟堂大森善清勝川薪水珠雀斎詮茂蟠竜軒藤田秀素古山伴水万月堂吉川盛信

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone