コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯辺揚げ いそべあげ

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いそべあげ【磯辺揚げ】

のりを衣に用いた揚げ物。牡蠣(かき)小柱、小あじ、ちくわなどの練り物などの材料に、小麦粉卵白・もみのりの順につけて揚げる。材料をのりで巻き、素揚げまたは薄衣をつけて揚げるものもある。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の磯辺揚げの言及

【揚物】より

…ころも揚げは,ころもと呼名にくふうをこらしていろいろの種類がつくられている。磯揚げ,磯辺揚げなどというのはノリを使うもので,材料をノリで巻いたり,ころもに〈もみノリ〉を入れたりして揚げる。道明寺揚げは白身の魚やエビなどを卵白にひたして道明寺粉をまぶす。…

※「磯辺揚げ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磯辺揚げの関連キーワード日本料理/おもな調理用語磯辺

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磯辺揚げの関連情報