コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯 萍水 イソ ヒョウスイ

20世紀日本人名事典の解説

磯 萍水
イソ ヒョウスイ

大正・昭和期の小説家



生年
明治13(1880)年1月15日

没年
昭和42(1967)年11月25日

出生地
上州・高崎(現・群馬県)

本名
磯 清

経歴
江見水蔭門下生として、明治32年「雨乞物語」を発表し、33年発表の「逢魔ケ淵」「紫草紙」で文壇に登場。社会小説を多く書き「横浜の暗面」「木下川」などの作品がある。一時期銀行員になったこともあるが、他の作品に「脚本袖頭巾」「うき寝」や随想「武蔵野風物志」「秋灯記」などの著書がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

磯 萍水の関連キーワード小説家

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android