随想(読み)ずいそう

精選版 日本国語大辞典 「随想」の意味・読み・例文・類語

ずい‐そう ‥サウ【随想】

〘名〙 物事に接して受けた、そのままの感じ。あれこれと折にふれて思う事柄。また、それを書きとめた文章随感
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の家「その頃の先生の随想集を開いて見ると、とっ始めから次ぎのやうな文句に出っ会はす」
潮騒(1954)〈三島由紀夫〉「読書好きの若者が随想のおしまひに引用したヴェルレエヌの詩句と称するものが一同論難の的になった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「随想」の意味・読み・例文・類語

ずい‐そう〔‐サウ〕【随想】

折にふれて思うこと。また、それらを書きまとめた文章。「随想録」
[類語]随筆エッセー小品雑感小文小品文身辺雑記漫文漫筆スケッチ雑念邪念俗念余念妄念妄想誇大妄想被害妄想強迫観念断想随感偶感寸感

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android