随想(読み)ずいそう

精選版 日本国語大辞典「随想」の解説

ずい‐そう ‥サウ【随想】

〘名〙 物事に接して受けた、そのままの感じ。あれこれと折にふれて思う事柄。また、それを書きとめた文章随感
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の家「その頃の先生の随想集を開いて見ると、とっ始めから次ぎのやうな文句に出っ会はす」
※潮騒(1954)〈三島由紀夫〉「読書好きの若者が想のおしまひに引用したヴェルレエヌの詩句と称するものが一同の論難の的になった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「随想」の解説

ずい‐そう〔‐サウ〕【随想】

折にふれて思うこと。また、それらを書きまとめた文章。「随想録」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android