コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会主義労働者党[ルーマニア] しゃかいしゅぎろうどうしゃとう[ルーマニア]Partidul Socialist al Muncii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会主義労働者党[ルーマニア]
しゃかいしゅぎろうどうしゃとう[ルーマニア]
Partidul Socialist al Muncii

ルーマニアの政党。旧ルーマニア共産党の流れをくむ政党で,1990年 11月に結成。党の名誉議長には旧共産党幹部のプルビレスクが就任,議長にはチャウシェスク政権崩壊時に政治執行委員兼中央委監査委員会議長で首相経験のあるイリエ・ベルデッツがついた。多元的民主主義法治国家,市民の権利の尊重を掲げ,経済政策では計画経済の継続,国営農場の維持,社会保障の拡充,外資導入の制限をとなえる。 92年下院選挙では 13議席を獲得,無党派のニコラエ・バカロイウ内閣を支えた。 96年 11月の大統領選挙にはエイドリアン・パウネスク副党首を擁立するが第1回投票で落選。同時に実施された議会選挙でも議席を獲得できなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android