社会新報(読み)しゃかいしんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会新報
しゃかいしんぽう

社会民主党機関紙。同党の前身である日本社会党の機関紙として 1955年 10月に創刊。それまでは 1951年講和条約の賛否をめぐって左右に分裂。左派は『社会新聞』,右派は『日本社会新聞』をそれぞれ機関紙にしていたが,55年 10月の左右統一と同時に,機関紙も『社会新報』に統一した。 66年から週2回発行。日本社会党の党名変更によって 96年から社会民主党の機関紙として週1回発行。部数約 15万 (1998) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android