コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会新報 しゃかいしんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会新報
しゃかいしんぽう

社会民主党機関紙。同党の前身である日本社会党の機関紙として 1955年 10月に創刊。それまでは 1951年講和条約の賛否をめぐって左右に分裂。左派は『社会新聞』,右派は『日本社会新聞』をそれぞれ機関紙にしていたが,55年 10月の左右統一と同時に,機関紙も『社会新報』に統一した。 66年から週2回発行。日本社会党の党名変更によって 96年から社会民主党の機関紙として週1回発行。部数約 15万 (1998) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃかいしんぽう〔シヤクワイシンポウ〕【社会新報】

社会民主党の中央機関紙。昭和30年(1955)日本社会党の機関紙として創刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

社会新報

社会民主党が発行する機関紙。週刊紙。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

社会新報の関連キーワード館林 千里勝間田清一織田純一郎成田知巳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android