コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会的不利 しゃかいてきふり

1件 の用語解説(社会的不利の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

社会的不利【しゃかいてきふり】

世界保健機関WHO)の障害分類試案によると,社会的不利handicap)は機能障害能力障害の結果として生じた社会生活上の不利益を意味する。この社会的不利益は本人の機能障害能力障害だけでなく,物的,制度的,人的あるいは情報などの社会的障壁によって生ずる面が多いとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の社会的不利の言及

【リハビリテーション】より


【障害の三つのレベル】
 〈障害〉ということばは大まかに3通りの意味をもっている。すなわち,機能障害impairment,能力障害disability,社会的不利handicapの三つである。この3者はそれぞれ内容が異なっているのに,日本では同様に〈障害〉という呼び方をしている。…

※「社会的不利」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

社会的不利の関連キーワード公衆衛生高血圧症世界保健機関WHO田中大地代名詞ブタインフルエンザ日焼けマシンエボラ出血熱平山 雄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会的不利の関連情報