機能障害(読み)キノウショウガイ

デジタル大辞泉の解説

きのう‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【機能障害】

解剖学的な変化を伴わずに生理機能が損なわれている状態。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

機能障害【きのうしょうがい】

1980年に世界保健機関(WHO)が〈国際障害分類試案〉を発表し,障害を三つのレベルで捉える必要を提案しているが,その第1のレベルをインペアメントimpairment(機能障害,あるいは機能不全)としている。これは心身の特定部位の損傷や機能不全の状態のこととして捉えられている。この機能障害に対しては主として,医学的リハビリテーションのような医学的対応が重要である。→能力障害社会的不利

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きのうしょうがい【機能障害】

形態的な変化を伴わず、細胞・組織・器官などが正常な働きをしない状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きのう‐しょうがい ‥シャウガイ【機能障害】

〘名〙 解剖学的には異常ないが、生活機能に障害をきたす病気

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機能障害の関連情報