社会的金融(読み)シャカイテキキンユウ

デジタル大辞泉「社会的金融」の解説

しゃかいてき‐きんゆう〔シヤクワイテキ‐〕【社会的金融】

社会貢献を重視した金融サービスのこと。採算も考慮しながら、融資先を公益性の高い事業に限定するなど、金融を通じて社会の改善を目指す。マイクロクレジットマイクロファイナンスなど。低利融資を通じて貧困層の自立を支援したグラミン銀行が典型例。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android