コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会誌学 しゃかいしがくsociography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会誌学
しゃかいしがく
sociography

民族社会の生活の全体関連的記述を統計的,帰納的方法で行なって社会学を基礎づけようとする学問。創始者 S.スタインメッツによれば,一定の時代における民族社会のあらゆる関係と状態を複合的な手段によって叙述する研究の一部門を意味していたが,この方向に一層組織的な意味を与えたのは F.J.テンニェスと R.ヘバーレらであった。彼らは社会学の一部門として社会誌学を構想した。こうしておもにドイツの学問的風土のなかで生れてきた社会誌学であったが,一般には普及せず,むしろこの方法はアメリカでの社会調査法を駆使した実証研究に取って代られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

社会誌学の関連キーワードルドルフ ヘバーレ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android