祝い殿(読み)いわいでん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祝い殿
いわいでん

同族(本家分家仲間)だけで「いわう(斎(いつ)き祭る)」神、「うえーでん」と多く呼び習わし、長野県中部、山梨県西部一帯に広くみられる。屋敷神や村鎮守とは別に同族仲間ごと別々に小さい祠(ほこら)を設け、年1回(春は2月、4月、秋は10月、11月)仲間だけで祀(まつ)るが、祭神は春日(かすが)、八幡(はちまん)、山神、水神など雑多であり、祭日も仲間ごとに異なっている。しかしいまは本家司祭の形はまれで、多く「頭屋(当番)制」で祭りを行い、「直会(なおらい)」の宴がむしろ主眼となってもいる。現在、同族仲間の協力関係はかなり薄れているが、祝い殿の祭りへの参加は同系の家仲間(家筋)である明証でもあるため、その祭りは仲間親睦(しんぼく)の機会として年々続いている。ともかく「同族氏神」としての独自の存在である。[竹内利美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android