神仙・神僊(読み)しんせん

精選版 日本国語大辞典「神仙・神僊」の解説

しん‐せん【神仙・神僊】

〘名〙
① 神または仙人。修行して神通力(じんずうりき)を得た人。
万葉(8C後)五・八五三・序文「僕問曰 誰郷誰家児等 若疑神仙者乎」
※東関紀行(1242頃)興津より車返「おのづから神仙のすみかにもやあるらん、いとどおくゆかしく見ゆ」 〔史記‐封禅書〕
② (「しんぜん」「じんせん」とも) 雅楽十二律の一つ。壱越(いちこつ)より十律高い音。中国十二律の無射(ぶえき)、西洋音階のハ音に相当する。
※いろは字(1559)「神仙 ジンセン」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android