無射(読み)ぶえき

精選版 日本国語大辞典「無射」の解説

ぶ‐えき【無射】

① 中国音楽十二律の一つ。基音の黄鐘(こうしょう)から一一番目の音で、日本十二神仙に相当する。〔周礼‐春官・大司楽〕
② (十二律の射を九月に当てるところから) 陰暦九月の異称。ぶしゃ。《季・秋》 〔文明本節用集(室町中)〕 〔白虎通‐五行〕

ぶ‐しゃ【無射】

〘名〙 =ぶえき(無射)②〔文明本節用集(室町中)〕

む‐えき【無射】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無射」の解説

ぶ‐えき【無射】

中国音楽の十二律の一。基音の黄鐘こうしょうより一〇律高い音。日本の十二律の神仙しんせんにあたる。
陰暦9月の異称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「無射」の解説

【無射】ぶえき

十二律の一。

字通「無」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android