コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神仙山水 しんせんさんすいshen-xian shan-shui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神仙山水
しんせんさんすい
shen-xian shan-shui

中国古代の神仙思想に基づく仙境を描いた山水画。漢・魏・六朝時代にその萌芽がみられたが,山水画として形式的に整ったのは唐代。超現実的,夢幻的な自然が創出され,華麗な楼閣などが配されて,描写形式としては青緑山水と密接不可分な関係になった。したがって宋代以降,青緑山水の復活に伴い,主要な画題としてしばしば取上げられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android