コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神前皇女 かんさきのおうじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神前皇女 かんさきのおうじょ

記・紀にみえる継体天皇皇女
母は坂田大跨(さかたのおおまたの)王の王女,広媛(ひろひめ)。「日本書紀」によれば,異母兄の安閑天皇,その皇后春日山田(かすがのやまだの)皇女とともに,河内(かわち)(大阪府)古市高屋丘陵(ふるいちのたかやのおかのみささぎ)に合葬されたといわれる。「古事記」では神前郎女(いらつめ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

神前皇女

生年:生没年不詳
6世紀前半,継体天皇と坂田大跨王の娘広媛(あるいは黒比売)との皇女。神前郎女とも。死後は異母兄の安閑天皇陵(羽曳野市大字古市字城の古市高屋丘陵)に合葬されたので,妃であったかと疑う説もあるが,兄妹の合葬もありうる。

(明石一紀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

神前皇女の関連キーワード生年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android