神帰(読み)かみかえり

  • かみかえり ‥かへり

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 陰暦一〇月に出雲大社に集まったという諸国の神々が、その月の晦日(みそか)から一一月一日にかけて、それぞれの国へ帰ること。また、その日。神返し。《季・冬》
※俳諧・生玉万句(1673)「生玉のさか迎せむ神帰〈幾音〉 幕打まはす森の凩〈利玄〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android