神度剣(読み)かむとのつるぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

記紀の所伝で、味鉏高日子根神(あじすきたかひこねのかみ・あじしきたかひこねのかみ)が怒って天稚彦(あめわかひこ)の喪屋(もや)を切り伏せたという大刀(たち)の名。大量(おおはかり)
※古事記(712)上「其の持ちて切れる大刀の名を大量(おおはかり)と謂ひ、亦の名を神度剣〈度の字は音を以ゐる〉(かむトのつるぎ)と謂ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android