コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喪屋 もや

5件 の用語解説(喪屋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喪屋
もや

イミヤともいう。死者の血族が一定期間,葬地の近くで忌籠りをするための小屋。伊豆諸島では広く設置されていた。現在では忌籠りの習俗がすたれたため喪屋もほとんど痕跡を残すばかりで,墓上の小屋形や屋根形のもの,つまり霊屋と称するものが,喪屋の退化変形したものと考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

も‐や【喪屋】

墓の近くに造った、遺族が喪中を過ごす家。
本葬まで死体を安置しておく所。もがりのみや。あらき。
「乃ち其処に―を作りて」〈・上〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

喪屋【もや】

遺体とともにその近親者が忌籠(いみごもり)する建物。上代の荒城(あらき),殯宮(もがりのみや)もこの一種。母屋の火が死のけがれにおかされるのを防ぐため別に建てる。
→関連項目霊屋通夜

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

もや【喪屋】

死者の親族たちが一定の期間、遺体とともに、またはその近くに、忌籠いみごもりの生活をする建物。
上代の習俗で、葬式の日まで遺体を仮に安置する所。あらき。 「乃ち其処に-を作りて/古事記 上訓

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喪屋
もや

死者の近親者が、遺体のそばで忌(いみ)ごもりの生活を送った小屋。『古事記』『日本書紀』以来の記録があるが、現在は痕跡(こんせき)だけをとどめる。長崎県対馬(つしま)では以前は士族は野辺に喪屋を設けて暮らす風習があり、伊豆の新島(にいじま)や三宅(みやけ)島でも門屋(かどや)という小屋にこもった。屋内の一室で別火(べっか)の生活を送る例、7日間は朝夕に墓参する例などがあり、埋葬した上に小屋形の霊屋(たまや)を置くなども、喪屋の名残(なごり)と考えられている。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の喪屋の言及

【喪】より

…日本の古来の習俗の場合,近親者の隔離は死者との同一視という側面をより際だたせているが,その基本的なモティーフは上記諸民族におけるのと同じである。すなわち一般に喪屋と呼ばれる小屋を墓の近くに建て,ここに親族がしばらくのあいだこもって生活する(たとえば丹波の船井・氷上郡では尊属が死んだときには49日間)という習俗がそれであるが,この場合でも穢というよりは死者への哀惜の念が中心にあるとみるべきであろう。 トリンギット・インディアンの例にみられたように,配偶者の服す喪はふつう男よりも女に対してことさら厳しいものとなる傾向がある。…

※「喪屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

喪屋の関連キーワード生き活句ていと遺産/死者の短剣一、二、三─死覇王の死/二階堂蘭子の帰還惑わし/死者の短剣モータル・フィア/死の恐怖モータルフィア/死の恐怖《9413の生と死――ハリウッド・エキストラ》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone