神津 港人(読み)コウヅ コウジン

20世紀日本人名事典「神津 港人」の解説

神津 港人
コウヅ コウジン

大正・昭和期の洋画家



生年
明治22(1889)年12月21日

没年
昭和53(1978)年4月7日

出生地
長野県

学歴〔年〕
東京美術学校西洋画科〔明治45年〕

経歴
大正4年第9回文展で「電車」が初入選、官展出品を続けた。9年農商務省の海外実業生として渡欧ロンドンのロイヤル・アカデミー・スクールパリアカデミー・ジュリアン商業美術を学んだ。昭和3年構造社に参加、絵画部主任となり出品。7年オリンピック芸術競技派遣役員として渡米。10年構造社を退会、14年緑巷会を組織、25年創芸協会と改称、代表者となった。代表作に「凩」「百日紅」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android