コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官展 かんてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官展
かんてん

文展,帝展日展など政府が主催した展覧会の総称。文展文部省美術展覧会の略称で,1907年から 18年まで 12回開かれ,日本画,洋画,彫刻の3部制をとった。 19年新たに帝国美術院規定が制定され,文展を帝国美術展覧会 (帝展) と改称,34年まで 15回行われた。その間 27年から美術工芸部門が設置され,32年から創作版画が加えられた。 35年に帝国美術院改組,帝国美術院官制制定などによって美術界が紛糾し,帝展は行われず,翌年春に改組第1回帝展 (新帝展) が開かれたが1回限りで廃止,同年秋文部省美術展覧会が開催された。 37年新たに帝国芸術院官制が公布され,あらためて第1回文部省美術展覧会 (新文展) が開かれた。新文展は 43年まで6回続き,翌年,文部省主催の戦時特別美術展が催された。第2次世界大戦後は,46年春に文部省主催の第1回日本美術展覧会 (日展) が開かれた。日展は以来毎年1回行われ,57年まで 13回続いた。その間,47年帝国芸術院は日本芸術院と改称,翌年から日展は日本芸術院主催となり,49年には日展運営会が組織され,第5~13回日展は日本芸術院と日展運営会が共催。 58年日展は日本芸術院と分離して社団法人日展となり,完全な在野団体として官展の性格を脱皮し,現在にいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐てん〔クワン‐〕【官展】

《「官設美術展」の略》政府が主催する美術展覧会。日本では、明治40年(1907)、日本画・洋画・彫塑の総合展である文部省美術展覧会(文展)が開始。大正8年(1919)帝国美術院展覧会(帝展)と改称。その後、新文展、日展(日本美術展覧会)を経て、昭和33年(1958)から民間団体である社団法人「日展」の運営となり、官設展は消滅した。→日展

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

官展【かんてん】

各美術団体が行う展覧会に対して,政府が主催する美術展覧会。1907年政府が美術振興政策として文部省に美術審査委員会を設け,文部省美術展覧会(文展)を開催したのが最初。
→関連項目朝倉文夫石川光明小野竹喬楠部弥弌三宅克己和田英作

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんてん【官展】

政府が主宰する美術展覧会とその機構。1907年(明治40)の文部省美術展覧会(通称文展)開設をそのはじまりとする。これは,日本美術,洋風美術それぞれの新旧諸流派が対立し反目し合う美術界に共通の場を与え,抗争を収拾して美術の振興を図ることを目的として設けられたもので,その年の6月,勅令をもって官制が発布され,10月から11月にかけて上野公園で第1回展が開催された。東京帝国大学教授大塚保治の建議正木直彦や黒田清輝らの運動が開設をうながしたという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんてん【官展】

政府が主催する展覧会。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

官展
かんてん

政府の主催する美術の公募展覧会のことで、在野の美術団体の公募展に対して用いた通称。明治中ごろ美術運動が盛んになると、多くの美術団体が結成されたが、政府は美術の振興を図る目的で、文部省に美術審査委員会を設け、1907年(明治40)以来、毎年文部省美術展覧会(文展)を開催した。しかし審査員の選出、官僚的な運営など弊害が絶えず、19年(大正8)帝国美術院規定を発布、帝国美術院は文部大臣の管理に属し、その事業の一つとして美術展覧会を開いた。これを「帝展」とよんだ。しかしこれも日本画の横山大観、下村(しもむら)観山が会員を辞退するなど、在野の美術家で名を連ねるものも少なく、しばらくたつとまた円滑な運営を欠くに至った。そこで35年(昭和10)、時の松田文相は帝国美術院の改組を打ち出したが、いっそうの混乱を招き、37年同院を解消、新たに帝国芸術院を設置、美術展は文部省の主催にして、いわゆる「新文展」を開催した。46年(昭和21)文展は日本美術展覧会(日展)と改称、のち官展色を取り除く意味もあって、59年3月社団法人日展という民間の美術団体が設立され、毎年秋に展覧会を開き、日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の各部門を擁し、現在最大の組織を有する美術団体となった。[永井信一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の官展の言及

【サロン】より

…【安斎 和雄】
[サロン展]
 美術史の用語として,サロンはフランスの公の機関によって行われる定期的な展覧会をさす。しばしば〈官展〉と訳される。出品対象は絵画,彫刻,建築,素描,版画など。…

【日展】より

…日本美術展覧会の略称で,文展を継いで1946年に発足,58年から社団法人日展が運営している。1907年に文展(文部省展覧会)として出発した官展は,19年に帝展,37年に新文展に改まり,45年の敗戦を迎えたが,46年春,文部省主催による日本美術展覧会すなわち日展として再出発した。構成は従来どおり日本画,洋画,彫塑,美術工芸の4部であった。…

※「官展」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

官展の関連キーワードカリエ=ベルーズアンデパンダン展アンデパンダン山下 大五郎太田喜二郎石川欽一郎森田 元子金山 らく長谷川栄作井手宣通服部喜三高光一也建畠大夢油谷 達上田万秋落合朗風都路華明板倉星光上村松篁和田三造

官展の関連情報