神籬・胙・膰(読み)ひもろぎ

大辞林 第三版の解説

ひもろぎ【神籬・胙・膰】

〔古くは「ひもろき」〕
神事をとりおこなう際、臨時に神を招請するため、室内や庭に立てた榊さかき。しめ縄を張って神聖なところとする。古くは、祭りなどの際に、周囲に常磐木ときわぎを植えて神座とした場所をいい、のちには神社をもいう。神座。ひぼろぎ。 《神籬》 「神なびに-立てていはへども/万葉集 2657
神にそなえる米・餅・肉などの供物。ひぼろぎ。ひぼろけ。ひもろけ。 《胙・膰》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android