神鞭常孝(読み)こうむち つねたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神鞭常孝 こうむち-つねたか

1883-1956 大正-昭和時代前期の官僚。
明治16年2月24日生まれ。神鞭知常の長男。大蔵省主税局関税課長をへて,大正11年横浜関税長となる。その間,ワシントン会議,ジェノバ経済会議の随員。昭和2年満鉄理事,のち昭和製鋼所常務。13年北支那開発副総裁。昭和31年6月27日死去。73歳。京都出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android