芥川(読み)アクタガワ

  • あくたがわ あくたがは
  • あくたがわ〔がは〕
  • 姓氏

デジタル大辞泉の解説

大阪府高槻(たかつき)市を流れる川。明神岳に源を発し、淀川合流。長さ22キロ。また、その流域にある地名。[歌枕
「―みくづとなりし昔より流れもやらぬ物をこそ思へ」〈散木集・九〉
狂言。大蔵和泉流道連れになったからだの不自由な男どうしが、互いにそれを隠そうとするが、露見してしまう。脛薑(すねはじかみ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 大阪府高槻市の中央部を流れる淀川の支流。また、その近辺の地名。明神ケ岳付近に源を発する。「伊勢物語」で男が女(二条の后をモデルとする)を誘い出し、鬼にさらわれた話で知られる。全長二五キロメートル。歌枕。
[二] 狂言。大蔵流・和泉流。道連れになった片足の不自由な男と、指が曲がった男が、互いにそれを隠そうとするが、結局は露見してしまう。脛薑(すねはじかみ)
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芥川の関連情報