コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福山敏男 ふくやま としお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福山敏男 ふくやま-としお

1905-1995 昭和-平成時代の建築史家。
明治38年4月1日生まれ。東京国立文化財研究所美術部長などをへて,昭和34年京大教授となる。のち京都府埋蔵文化財調査研究センター理事長。62年「寺院建築の研究」「神社建築の研究」で学士院恩賜賞。平成7年5月20日死去。90歳。福岡県出身。京都帝大卒。著作はほかに「日本建築史研究」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の福山敏男の言及

【江田船山古墳】より

…銀象嵌銘の大刀がどちらにはいるかは不明。銘文の解読の基礎は福山敏男が1934年につくり,最初の部分を〈治天下□□□歯大王世□□〉と読んで,蝮(たじひの)宮に天の下治(しろし)めす弥都歯(みずは)大王,すなわち反正天皇にあてた。この福山説にしたがって,大刀を438年ころの製作と考えるのが定説であったが,78年に埼玉(さきたま)稲荷山古墳出土の鉄剣に金象嵌銘が発見されたとき,岸俊男らの解読の際に再検討が加えられ,これはむしろ稲荷山銘と同じく獲加多支鹵(ワカタケル)と読めることが示され,雄略天皇の時代の製作とみる説が有力になった。…

※「福山敏男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

福山敏男の関連キーワード隅田八幡人物画像鏡年中行事絵巻恩賜賞受賞者江田船山古墳福山 敏男伊勢神宮関野克梵釈寺勤操

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android