コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福恵全書 ふくけいぜんしょ Fú huì quán shū

1件 の用語解説(福恵全書の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふくけいぜんしょ【福恵全書 Fú huì quán shū】

中国,清の黄六鴻著。32巻。1694年(康熙33)成る。著者が各地の知県(県知事)を歴任した経験を生かして,下級地方官の任地における執務心得を述べている。中国では〈官箴(かんしん)〉といって,宋代の《州県提綱》以降,官吏の政治的心得を説いた指導書がいくつも作られ,清代だけでも《天台治略》《佐治薬言》《資治新書》等数多くあるが,本書はその中でも代表的なもので,地方行政の重要事項たとえば徴税,保甲,裁判,荒政などの処置について,知県の就任から離任までの心得を記しているので,地方末端の政治経済の実情を知るには欠くべからざる重要資料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

福恵全書の関連キーワード繹史考信録宋史大清一統志東華録明史西清古鑑明史稿遼史和爾雅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone