コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心得 ココロエ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐え【心得】

理解していること。また、理解してとりはからうこと。「心得のある処置」
常に心がけていなければならないこと。心構え。「日ごろの心得がよくない」
技芸を身につけていること。たしなみ。「茶の湯の心得がある」
ある事をするにあたって注意し、守るべき事柄。「接客の心得」「冬山登山の心得
下級の者が上級の役職を代理または補佐するときの職名。「課長心得

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こころう【心得】

( 動下二 )

こころえ【心得】

技術・技芸などを、習いおぼえて修得していること。たしなみ。 「茶の湯の-がある」
なにか事に当たる場合に、わきまえておくべき事柄。 「電話をかける時の-」 「 -帳」
官庁や会社で、ある役職の職務を下級の者が代行する時の職名。 「局長-」 「課長-」
気持ち。考え方。 「あれにはさいぜんより-がなをつた/狂言・昆布売」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心得の関連情報