心得(読み)こころえ

精選版 日本国語大辞典「心得」の解説

こころ‐え【心得】

〘名〙
① 心得ること。物事の細かい事情などを理解していること。理解。会得。
※承応版狭衣物語(1069‐77頃か)四「おほかたの殿上人などの心得にしつつ、あまた参らせし扇をば、さるものにて」
※政基公旅引付‐文亀元年(1501)閏六月二二日「以此趣蔵本え雖申聞、一向心得不行候」
② 事情を理解して取りはからうこと。
※謡曲・道成寺(1516頃)「さあらば供養に舞を舞はうずるよし申し候ふが、それのおん心得にてそとお場(には)へ入れられ候へかし」
※浄瑠璃・平家女護島(1719)二「それにも入道殿承引なくは一門の心得にて、中国備前の辺迄呼のぼせ時節を見よ」
③ 心中に思い決めること。心づもり。覚悟。決心。
※史記抄(1477)七「人は皆死ぬるをいやかるに、我れはよろこふは、あはれ我か不明なによって、心得はし、ちかうたかそ」
④ 常に心がけていなければならないこと。用意。たしなみ。
※椿葉記(1434)「御こころえのために細かに申す也」
技芸などを一通り身につけていること。たしなみがあること。「武芸の心得」
※中華若木詩抄(1520頃)中「古人の詩は、いづれも、この意得ありて、つくる也」
⑥ 気持。意志。考え方。
※曾我物語(南北朝頃)五「恐れ入りて候へども悪しき御こころへと存じ候」
⑦ 用心をすること。注意すること。
※庭訓往来註(室町中‐後)「有御意得、可養生也」
⑧ 「こころえしょ(心得書)」「こころえしだい(心得次第)」の略。
⑨ 下級の者が、仮に一時上級の者の職務をつかさどる時の名称。
※明治八年一〇月達第八五号陸軍武官命課規則(1875)二条「歩兵科大尉を以て歩兵大隊長と為すときは大隊長心得と称し」
⑩ 今後どうするかの見当。あて。
※随筆・独寝(1724頃)上「町人などの様なるものは、いかほど持丸長者といはるるとても、心得なきもの也」

こころ・ゆ【心得】

〘他ヤ下二〙 (「こころう〔ア下二〕」から転じて、室町頃から用いられた語。終止形は多く「こころゆる」となる) =こころえる(心得)
※常徳院殿御集(1489)「こころゆる これも又これも又とや論ずらむ弓と馬ともるい代のみち

こころ‐・う【心得】

〘他ア下二〙 ⇒こころえる(心得)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「心得」の解説

こころ‐え【心得】

理解していること。また、理解してとりはからうこと。「心得のある処置」
常に心がけていなければならないこと。心構え。「日ごろの心得がよくない」
技芸を身につけていること。たしなみ。「茶の湯の心得がある」
ある事をするにあたって注意し、守るべき事柄。「接客の心得」「冬山登山の心得
下級の者が上級の役職を代理または補佐するときの職名。「課長心得
[類語]素養嗜み常識教養知識蘊蓄学識造詣学問該博学殖碩学篤学博学博識博覧強記有識物知り生き字引博覧

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android