コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋名(あぎな)のアラセツ行事

1件 の用語解説(秋名(あぎな)のアラセツ行事の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

秋名(あぎな)のアラセツ行事

鹿児島県の奄美大島秋名地区に伝わる民俗行事。旧暦8月に行われる農耕祭祀の一種。山の中腹に立てられた「神小屋」の藁葺き屋根に子供が上り、小屋を揺すり倒す「ショチョガマ」は、片側から倒れる小屋を実った稲穂が頭をたれる姿に見立てた豊作祈願の行事。また秋名湾西岸の「神平瀬」「女童(めらべ)平瀬」と呼ばれる2つの岩の上で「稲魂(イニャダマ)」を招く「平瀬マンカイ」の行事もある。「アラセツ」には「新節」の漢字を当てることもある。1985年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋名(あぎな)のアラセツ行事の関連キーワード奄美大島住用鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木鹿児島県大島郡龍郷町秋名鹿児島県大島郡鹿児島県奄美市住用町石原鹿児島県大島郡瀬戸内町鹿児島県大島郡龍郷町名瀬〈市〉文英吉大島(鹿児島,奄美大島)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone