コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋名(あぎな)のアラセツ行事

デジタル大辞泉プラスの解説

秋名(あぎな)のアラセツ行事

鹿児島県の奄美大島秋名地区に伝わる民俗行事。旧暦8月に行われる農耕祭祀の一種。山の中腹に立てられた「神小屋」の藁葺き屋根に子供が上り、小屋を揺すり倒す「ショチョガマ」は、片側から倒れる小屋を実った稲穂が頭をたれる姿に見立てた豊作祈願の行事。また秋名湾西岸の「神平瀬」「女童(めらべ)平瀬」と呼ばれる2つの岩の上で「稲魂(イニャダマ)」を招く「平瀬マンカイ」の行事もある。「アラセツ」には「新節」の漢字を当てることもある。1985年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

秋名(あぎな)のアラセツ行事の関連キーワード鹿児島県大島郡龍郷町アラセツ[秋名]ひらせまんかい

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android