秋山仙朴(読み)あきやま せんぼく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋山仙朴 あきやま-せんぼく

?-? 江戸時代中期の囲碁棋士。
武蔵(むさし)の人。本因坊道策(ほんいんぼう-どうさく)にまなび,6段にすすむ。著書「新撰(しんせん)碁経大全」中の文言をとがめられ,享保(きょうほう)10年(1725)破門されて放浪生活をおくった。名は正広。初名は小倉道喜。著作はほかに「古今当流新碁経」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の秋山仙朴の言及

【碁】より

…道知もまた抜群の力量を有し,その生涯で全力を尽くして打った碁はほとんどないといわれたほどであった。同じ道策の弟子秋山仙朴は《新撰碁経大全》を著した。定石,布石について述べた棋書だが,今も名著の呼び声が高い。…

※「秋山仙朴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android