コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本因坊道策 ほんいんぼうどうさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本因坊道策
ほんいんぼうどうさく

[生]正保2(1645).石見
[没]元禄15(1702).3.26.
囲碁名人。本姓山崎。3世本因坊道悦の門下。延宝5 (1677) 年,道策は家督相続を許され4世本因坊になると同時に名人の手合に進んだ。これを機に,江戸幕府は碁所を創設し,同6年4月 17日付で道策をその取締りに任じた。所を1世本因坊算砂以来とする通説は誤りである。道策は辺を重視する布石定石を開発し,古典的な碁から近代的な碁へのかけ橋となった。弟子に桑原道節 (のちに名人井上因碩) ,小川道的,佐山策元,星合八碩熊谷本碩などの高弟があり,段位制,家元制も彼の時代に確立された。世に碁聖といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほんいんぼう‐どうさく〔ホンインバウダウサク〕【本因坊道策】

[1645~1702]江戸前期の囲碁棋士。石見(いわみ)の人。3世本因坊道悦門下に入り、4世本因坊を継いで、名人位に推される。碁聖と称され、布石理論や段位制を確立し、近代碁の始祖といわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

本因坊道策【ほんいんぼうどうさく】

囲碁棋士。石見(いわみ)国(島根県)の生れ。本因坊3世道悦に師事。1676年道悦の引退とともに本因坊4世を襲名,1677年名人碁所につく。従来の力戦型の碁に定石理論を導入,段位制や手合割の制定など碁の理論と秩序の形成に貢献した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本因坊道策 ほんいんぼう-どうさく

1645-1702 江戸時代前期の囲碁棋士。
正保2年生まれ。井上道砂の兄。本因坊道悦(どうえつ)の門にはいり,延宝5年道悦の退隠により本因坊4世をつぎ,名人碁所をゆるされた。段位制度を確立し,定石(じょうせき)など合理的な考えを導入した。「碁聖」とよばれた。元禄(げんろく)15年3月26日死去。58歳。石見(いわみ)(島根県)出身。本姓は山崎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本因坊道策

没年:元禄15.3.26(1702.4.22)
生年:正保2(1645)
江戸前期の囲碁棋士,4世本因坊,名人。囲碁史上初めて碁聖といわれ実力13段とうたわれた。石見国(島根県)馬路村の生まれ。幼名は山崎三次郎。7歳で碁を覚え,江戸で本因坊道悦に学んだ。その才はゆっくりと熟成,延宝5(1677)年道悦の跡を継ぎ4世本因坊,翌年名人碁所となった。当時の強豪をすべて向こう先以下に打ち込み,第一人者として君臨した。それまでの力碁中心から合理的な布石を創案,手割りの考え方も導入,近代的な碁の基礎をつくった。このころ本因坊家,井上家,安井家,林家と4つの棋院家元が固まり段位制度も確立した。<参考文献>呉清源『道策』(日本囲碁大系)

(谷口牧夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほんいんぼうどうさく【本因坊道策】

1645‐1702(正保2‐元禄15)
江戸前期の囲碁名人。本姓山崎,幼名三次郎。石見国(島根県)の生れ。3世本因坊道悦(1636‐1727)門下で,1677年(延宝5),4世本因坊を名のり,同時に名人碁所に推された。彼の時代に碁は合理性を増し,辺への展開を志すようになり,思想的な広がりを示した。五虎ないし六天王と呼ばれる小川道的,佐山策元,桑原道節(井上家に入り名人因碩となる),熊谷本碩,星合八碩,吉和道玄らの優秀な弟子を抱え,本因坊丈和の後聖に対し,前聖といわれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の本因坊道策の言及

【碁】より

…なお,碁所の地位を得た者は次の8名のみである。初代本因坊算砂,中村道碩,2世安井算知,4世本因坊道策,4世井上因碩,5世本因坊道知,9世本因坊察元,12世本因坊丈和。江戸時代の家元は算砂を初代とする本因坊家,その跡を継いで碁所に就いた中村道碩を元祖とする井上家,準名人算哲を祖とする安井家,準名人門入(もんにゆう)を祖とする林家の4家である。…

【本因坊】より

…京都寂光(じやつこう)寺の塔頭(たつちゆう)〈本因坊〉の僧算砂(本因坊算砂)を祖とする。4世道策(本因坊道策)は布石理論をひっさげて近代碁の基礎を築き,無敵の5世道知とともに本因坊家の優位を不動のものとした。9世察元は時の6世井上春碩(しゆんせき)因碩(1707‐72)と名人位を争い,紛争をきわめた争碁に勝ち念願の名人となり,本因坊家中興の祖といわれる。…

※「本因坊道策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本因坊道策の関連キーワード井上因碩(4代)本因坊道的本因坊道知本因坊策元堀部因入井上因砂井上道節囲碁殿堂棋院四家井上策雲西俣因悦斎藤道歴木村道全高橋友碩秋山仙朴呉清源林朴入林玄悦境道哲