秋月 恵美子(読み)アキヅキ エミコ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

秋月 恵美子
アキヅキ エミコ


職業
女優

肩書
大阪松竹歌劇団スター

本名
金子 三枝子

出身地
大阪府

経歴
昭和5年松竹楽劇部(のち大阪松竹歌劇団 OSK日本歌劇団)に入団。戦前から男役トップスターとして活躍。剣舞や格調高い日舞、タップダンスを得意とし、娘役の芦原千津子とコンビで人気を博し、勝浦千浪、京マチ子らと共にOSKの黄金時代を築いた。戦後は座長としての海外公演を成功させ、’50年代には映画でも活躍した。48年引退。平成6年までOSK日本歌劇学校の講師を務めた。

没年月日
平成14年 8月16日 (2002年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる