秋笹政之輔(読み)あきささ まさのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋笹政之輔 あきささ-まさのすけ

1903-1943 昭和時代前期の社会運動家。
明治36年1月16日生まれ。早大在学中に軍事教練反対などの運動を指導,退学処分になる。昭和2年労働農民党,3年共産党に入党。4年四・一六事件で逮捕される。8年「赤旗」編集長。9年共産党スパイ査問事件で検挙された。昭和18年7月15日死去。41歳。埼玉県出身。本名は正之輔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android