科戸の風(読み)しなとのかぜ

精選版 日本国語大辞典の解説

しなと【科戸】 の 風(かぜ)

風の異称。特に、いっさいの罪やけがれを吹き払う風の意に用いられる。
※延喜式(927)祝詞「天の下四方(よも)の国には、罪といふ罪はあらじと、科戸之風(しなとのかぜ)の天の八重雲を吹き放つ事の如く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android