コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

級長津彦命 シナツヒコノミコト

4件 の用語解説(級長津彦命の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しなつひこ‐の‐みこと【級長津彦命】

日本神話で、風の神伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の子。級長戸辺命(しなとべのみこと)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

級長津彦命 しなつひこのみこと

記・紀にみえる神。
風をつかさどるとされる。「日本書紀」では,伊奘諾尊(いざなぎのみこと)が朝霧をふきはらった息から生まれたという。別名に級長戸辺(しなとべの)命。「古事記」には志那都比古神とあり,速秋津日子(はやあきつひこの)神と速秋津比売(はやあきつひめの)神の子という。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

級長津彦命

日本神話に登場する神。風,息吹の神。「し」は風および息の意の古語,「な」は「長」の意の語,「つ」は「の」に当たる古い助詞,「彦」は若く立派な男子の意。一方,「な」は助詞「の」の別形,「つ」は「所」の意の「と」と同じ語とする解釈もあり,それならば「風が起こる所の男神」という意味の名となる。『古事記』では志那都比古神と書かれ,伊邪那美の生んだ子とするだけだが,『日本書紀』ではその夫である伊奘諾が朝霧を吹き払った息が級長戸辺命という風の神になった,その別名は級長津彦という,と伝える。いずれの伝承でもその名が挙げられるだけであり,この神が具体的に行動したことは何も語られていない。霧や風に魂を感じ,それを具体的に神格化したものがこの神であろう。

(佐佐木隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しなつひこのみこと【級長津彦命】

記紀神話に見える、風をつかさどる男神。伊弉諾いざなき・伊弉冉いざなみの子。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

級長津彦命の関連キーワードハチ天児屋命石凝姥命大山祇神大蛇スコル月読尊伊奘冉尊思兼神豊斟渟尊

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone