コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

級長津彦命 シナツヒコノミコト

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

級長津彦命 しなつひこのみこと

記・紀にみえる神。
風をつかさどるとされる。「日本書紀」では,伊奘諾尊(いざなぎのみこと)が朝霧をふきはらった息から生まれたという。別名に級長戸辺(しなとべの)命。「古事記」には志那都比古神とあり,速秋津日子(はやあきつひこの)神と速秋津比売(はやあきつひめの)神の子という。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

級長津彦命

日本神話に登場する神。風,息吹の神。「し」は風および息の古語,「な」は「長」の意の語,「つ」は「の」に当たる古い助詞,「彦」は若く立派な男子の意。一方,「な」は助詞「の」の別形,「つ」は「所」の意の「と」と同じ語とする解釈もあり,それならば「風が起こる所の男神」という意味の名となる。『古事記』では志那都比古神と書かれ,伊邪那美の生んだ子とするだけだが,『日本書紀』ではその夫である伊奘諾が朝霧を吹き払った息が級長戸辺命という風の神になった,その別名は級長津彦という,と伝える。いずれの伝承でもその名が挙げられるだけであり,この神が具体的に行動したことは何も語られていない。霧や風に魂を感じ,それを具体的に神格化したものがこの神であろう。

(佐佐木隆)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しなつひこのみこと【級長津彦命】

記紀神話に見える、風をつかさどる男神。伊弉諾いざなき・伊弉冉いざなみの子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

級長津彦命の関連キーワード記紀神話伊弉諾尊日本神話科戸の風

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android