コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稚く イワク

デジタル大辞泉の解説

いわ・く【稚く】

[動カ下二]子供じみている。幼稚な振る舞いをする。
「―・けたる遊び戯れに心入れたるわらはべの有様など」〈・若菜上〉
[補説]歴史的仮名遣いは「いわく」か「いはく」か未詳

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いわく【稚く】

( 動下二 )
おさないさまである。 「なほ、いと-・けて、強き御心おきてのなかりける事/源氏 夕霧」 〔歴史的仮名遣いは「いはく」「いわく」の両説がある〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

稚くの関連キーワード心入れ有様

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android