コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稚児鱈 ちごだら

大辞林 第三版の解説

ちごだら【稚児鱈】

タラ目チゴダラ科の海魚の総称。全長30~100センチメートル。50種以上が知られ、大半が深海にすむ。
の一種。全長約40センチメートル。腹部に発光器を備える。練り製品の材料とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

稚児鱈 (チゴダラ)

学名:Physiculus japonicus
動物。チゴダラ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

稚児鱈の関連キーワード練り製品発光器腹部総称全長海魚深海

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android