コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発光器 ハッコウキ

デジタル大辞泉の解説

はっこう‐き〔ハツクワウ‐〕【発光器】

生物発光を行う器官では発光細胞層・反射層からなり、腹部にある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はっこうき【発光器】

発光動物が発光を行うための器官。ホタルの発光器は発光細胞層と反射細胞の層からなる。深海魚・イカなどではさらにクチクラ性水晶体・色素層などが発達している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

発光器の関連キーワードニホンマンジュウダラホウキボシエソ亜科チョウチンアンコウノコバホウネンエソツラナガコビトザメミツマタヤリウオヒカリキンメダイワニトカゲギスヒイラギ(柊)ソトオリイワシマツカサウオ光学式マウスサンゴイワシハダカイワシホタル(蛍)ホウネンエソホウライエソゲンジボタルハナメイワシヤリエソ科

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発光器の関連情報