稚野毛二派皇子(読み)わかぬけふたまたのおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稚野毛二派皇子 わかぬけふたまたのおうじ

記・紀にみえる応神天皇の皇子。
日本書紀」によれば,母は弟媛(おとひめ)。娘の忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ)が允恭(いんぎょう)天皇の皇后となる。「古事記」では,母は息長真若中比売(おきながまわかなかひめ)。意富富杼(おおほどの)王ら7人をもうけた。若沼(野)毛二俣王,稚渟毛二岐皇子とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の稚野毛二派皇子の言及

【若野毛二俣王】より

…応神天皇の皇子とされる人物。稚野毛二派皇子(わかのけふたまたのみこ)などともいう。《日本書紀》応神2年3月条に天皇が河派仲彦(かわまたなかつひこ)の女弟姫を妃とし,この皇子を生んだとみえるが,《古事記》応神巻には母を咋俣長日子(くいまたながひこ)王の女息長(おきなが)真若中比売とする。…

※「稚野毛二派皇子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android