コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種の保存 シュノホゾン

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐の‐ほぞん【種の保存】

生物の種の絶滅を防ぐこと。特に、捕獲・採取・輸出入の制限や人工繁殖などの活動を通じて、積極的に繁殖をたすけることについていう。→2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

種の保存の関連キーワードワシントン条約と種の保存法佐野藤右衛門(14代)佐野藤右衛門(15代)レッド・データ・ブック北太平洋漁業国際委員会国連生物多様性条約会議日本動物園水族館協会ワシントン条約国内法ブリーディングローン世界動物園水族館協会スイゲンゼニタナゴ野生動植物種保存法メ渓谷自然保護区日ソ漁業協力協定国際自然保護連合生物多様性基本法希少植物の増殖クロマグロ規制ワシントン条約ミヤコタナゴ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

種の保存の関連情報