コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 しゅ species

翻訳|species

11件 の用語解説(種の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しゅ
species

生物分類学上の基本的単位。この概念は C.リンネの考えた種のような生物の形態の不連続を基礎として成立したのであるが,生物学の進展に伴い,形態のみでなく,生殖的な融合の可能性や地理的分布の関係なども考慮にいれるように修正がなされてきている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くさ【種】

[名]
物事が生じるもとになるもの。たね。材料。原因。多く「ぐさ」と濁り、複合語として用いる。「語り」「質
たぐい。種類。
「唐土(もろこし)、高麗(こま)と尽くしたる舞ども、―多かり」〈・紅葉賀〉
[接尾]助数詞。物の種類を数えるのに用いる。
「二―づつ合はせさせ給へ」〈・梅枝〉

しゅ【種】

一定の基準によって分類・類別したもの。種類。たぐい。「このの食べ物は苦手だ」
生物分類学上の基本単位。の下位。共通する形態的特徴をもち、他の個体群との形態の不連続性、交配および生殖質の合体の不能、地理的分布の相違などによって区別できる個体群。種を細分するときは亜種変種品種を用いる。
種概念」の略。

しゅ【種】[漢字項目]

[音]シュ(呉) [訓]たね くさ
学習漢字]4年
〈シュ〉
植物のたね。生み殖やすもと。「種子種皮種畜断種播種(はしゅ)
たねをまく。植えつける。「種痘接種
共通の性質によって分類されるもの。「種族種目種類一種各種機種職種人種多種同種品種
生物の区分けの一。属の下。「種名亜種
〈たね(だね)〉「種馬種本子種火種物種
[名のり]おさ・かず・ぐさ・しげ・ふさ
[難読]種種(くさぐさ)下種(げす)

たね【種】

植物が発芽するもとになるもの。種子(しゅし)。「を蒔(ま)く」

㋐人または動物の系統を伝えるもととなるもの。精子。「を宿す」「馬のをつける」
㋑(「胤」とも書く)血筋。血統。父親の血筋をさすことが多い。また、それを伝えるものとしての、子。「高貴の
物事の起こる原因となるもの。「混乱の」「悩みの
話や小説などの題材。「うわさのになる」
料理の材料。また、汁の実(み)。「おでんの」「すし
裏に隠された仕掛け。「手品のを明かす」
よりどころとするもの。「生活の」「飯の
物の、質。「客
[下接句]商いは草の種苦は楽の種品玉も種から生業(すぎわい)は草の種楽は苦の種苦は楽の種

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

種【しゅ】

生物分類の基準単位。英語ではspecies。種の概念はリンネにより形態の不連続性を基礎として設定された(18世紀中ごろ)。その後進化論,遺伝法則の確立,生態学的見地の導入などによって少しずつ修正を加えられ,現在,最も広く受け入れられている定義では,相互に交配して生殖能力のある子孫をつくることができる自然集団で,しかも他の集団から生殖的に隔離されたものを指す。
→関連項目マイヤー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

 生物の分類の基本単位.形態を基礎とするリンネの種の概念をはじめとして,諸種の定義がされる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅ【種 species】

生物の分類および存在の基本的な単位。種をどう定義するかは生物学にとっての根本的な課題であるが,分類学者,遺伝学者,生態学者それぞれの立場によってさまざまな考え方があり,現在のところひと言で種を定義することは不可能である。しかし厳密な定義をさておけば,実在としての種はかなり明確なものであり,実際の取扱いにおいては大きな混乱はない。ここでは主として分類学の立場から種について説明する。日常語で種類という場合には生物学的な分類の階級を考慮したものではないため,亜種や変種,ときには属や科などを指すこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くさわい【種】

物事のたね。原因。 「思ひ沈むべき-なきとき/源氏 梅枝
種類。たぐい。 「物の-はならびたれば/落窪 1
趣。面白み。 「何の-もなくあはれげなるを/源氏 末摘花

しゅ【種】

植物のたね。種子。
種類。たぐい。 「この-のカメラは他にない」
〔species〕
生物分類上の基本単位。属の下位で、形態的に他と不連続な特徴をもち、原則として、相互に正常な有性生殖を行い得る個体群をいう。種はさらに主として形態的特徴から、亜種・変種・品種などに分ける。
〘論〙 「 種概念 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【生物】より

…すなわち,自己と同じものを作って増殖していく。そして個体としては傷ついた部分を修復し,また増殖をとおして種を存続させていくなど,自己保存の機能をもっている。これもまた生物に固有の性質である。…

【種子】より

…種(たね)ともいう。人類の主食がコメやムギであることからも明らかなように,植物の種子は古来より動物や人間の生活に欠くことのできないものであった。…

※「種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

種の関連キーワード植う区系嗇・嘱・囑・拭・植・殖・燭・織・職・色・蝕・触・觸・食・飾VOIILR植物脂植野植松町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

種の関連情報