コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種子島海峡 たねがしまかいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

種子島海峡
たねがしまかいきょう

鹿児島県南部,種子島屋久島の間の海峡。幅約 20km。鹿児島市奄美,沖縄など南西諸島とを結ぶ航路となっている。海峡の南東方に鉄砲伝来地の門倉崎がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕種子島海峡(たねがしまかいきょう)


鹿児島県大隅(おおすみ)諸島の種子島と屋久(やく)島の間の海峡。最狭部の幅約18km。大隅海峡を流れる日本海流分流から南向きの反流があり、潮流と合わさって最大4.8ノットに達する。イワシ・トビウオ漁が盛ん。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

種子島海峡の関連キーワード屋久

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android