コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種民 しゅみんzhŏng mín

世界大百科事典 第2版の解説

しゅみん【種民 zhŏng mín】

中国,六朝・隋・唐の道教で,道士や一般信者のうち,とくに善行を積み,熱心に修行して,人の寿命をつかさどる天・地・水の三官の神々から不老長生を保証された選民をいう。彼らは,変化を免れない三界(さんがい)の上に超出し,神々の住む大羅天と三清天の下にある4種類の〈種民天〉という仙境にいて,そこには天地崩壊の災厄も及ばない。また〈真君の種民〉という言葉もあり,救世主の下での救済待望もうかがわれる。【川勝 義雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

種民の関連キーワードボランティア活動軍人皇帝時代ローマ史衡平運動小鼓道化

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

種民の関連情報