選民(読み)せんみん

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐みん【選民】

〘名〙
① 神に選ばれたすぐれた人民。
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉一〇「彼の人民は造物主の選民なり」
② 神から選ばれて、他民族を神に導く使命を持つ民族。ユダヤ民族が自らを指していう。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の選民の言及

【ユダヤ教】より

…遊牧民アブラハムは,彼の子孫にカナンの地を与えるという神の約束を受けた(〈アブラハム契約〉)。この契約に基づき,カナンは〈選民〉ユダヤ民族の〈約束の地〉になった。族長アブラハムの孫ヤコブは,別名をイスラエルと称し,のちに12部族の名祖となった12人の子らの父であったが,飢饉を逃れてエジプトへ移住した。…

※「選民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android