コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救世主 キュウセイシュ

デジタル大辞泉の解説

きゅうせい‐しゅ〔キウセイ‐〕【救世主】

キリスト教で、イエス=キリストのこと。救い主
人類を救う人。救い主。メシア。
不振の団体・組織などを救う働きをする人。「弱小チームの救世主

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうせいしゅ【救世主】

キリスト教で、イエス-キリストのこと。救い主。
人類の救い主。メシア。
苦しい状態に置かれている会社・団体などを救うはたらきをした人。 「チームの-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の救世主の言及

【イエス・キリスト】より

… ところで,イエス時代のユダヤ教徒は,この世の終末のときにダビデ王の子孫からメシアが現れて,イスラエルを中心に〈神の国〉をもたらすと信じていた。このヘブライ語の〈メシア〉,正確には〈マーシアハ〉がギリシア語で〈キリスト〉(正確には〈クリストスChristos〉)と呼ばれ,日本では一般的に〈救世主〉と訳されているものである。 これに対して〈イエス〉(正確には〈イェースースIēsous〉)は,ヘブライ語の〈イェーシュア〉のギリシア語読みである。…

【メシア】より

…ヘブライ語マーシャハ(油を注ぐ)という動詞の名詞形マーシーァハ(油注がれた者)に由来する語。救世主。ギリシア語ではクリストス(キリスト)と訳された。…

※「救世主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

救世主の関連キーワード聖アルフォンソ・マリア・デ リグオーリムハンマド・イブン・イスマーイール世紀末救世主伝説 北斗の拳2救世主ハリストス大聖堂フェオファン・グレクマタイによる福音書クリスチャンハウンメドハネアレム聖堂マドハネアレム聖堂マフディーの反乱イエス・キリストディオドトス1世クロプシュトックラスタファリ運動キンバンギズムマフディー反乱イエスキリストマフディー運動マフディー派メシアニズム

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

救世主の関連情報