救世主(読み)きゅうせいしゅ

精選版 日本国語大辞典「救世主」の解説

きゅうせい‐しゅ キウセイ‥【救世主】

〘名〙
① キリスト教で、イエス‐キリストの異称。メシア。救主。
※改正増補和訳英辞書(1869)「Messiah 救世主(キュウセイシュ)(キリストを云)成仏させる人」
② 世の中の人々を救う者。比喩的に、不振に陥った会社、商売、スポーツのチームなどを救う働きをした者。救主。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「彼人にして而して自ら救世主と称するは、其の虚一也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「救世主」の解説

きゅうせい‐しゅ〔キウセイ‐〕【救世主】

キリスト教で、イエス=キリストのこと。救い主
人類を救う人。救い主。メシア。
不振の団体・組織などを救う働きをする人。「弱小チームの救世主

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の救世主の言及

【イエス・キリスト】より

… ところで,イエス時代のユダヤ教徒は,この世の終末のときにダビデ王の子孫からメシアが現れて,イスラエルを中心に〈神の国〉をもたらすと信じていた。このヘブライ語の〈メシア〉,正確には〈マーシアハ〉がギリシア語で〈キリスト〉(正確には〈クリストスChristos〉)と呼ばれ,日本では一般的に〈救世主〉と訳されているものである。 これに対して〈イエス〉(正確には〈イェースースIēsous〉)は,ヘブライ語の〈イェーシュア〉のギリシア語読みである。…

【メシア】より

…ヘブライ語マーシャハ(油を注ぐ)という動詞の名詞形マーシーァハ(油注がれた者)に由来する語。救世主。ギリシア語ではクリストス(キリスト)と訳された。…

※「救世主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android