コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種痘ウイルス シュトウウイルス

1件 の用語解説(種痘ウイルスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅとう‐ウイルス【種痘ウイルス】

天然痘ワクチンの製造に使用されるウイルス天然痘ウイルスと同じオルソポックスウイルス属の牛痘ウイルスやワクシニアウイルスなどを弱毒化したもの。遺伝子組み換え技術により、種痘ウイルスを利用した、C型肝炎など他の感染症の治療用ワクチンの開発が進められている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone