コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種痘ウイルス シュトウウイルス

デジタル大辞泉の解説

しゅとう‐ウイルス【種痘ウイルス】

天然痘ワクチンの製造に使用されるウイルス天然痘ウイルスと同じオルソポックスウイルス属の牛痘ウイルスやワクシニアウイルスなどを弱毒化したもの。遺伝子組み換え技術により、種痘ウイルスを利用した、C型肝炎など他の感染症の治療用ワクチンの開発が進められている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

種痘ウイルスの関連キーワード遺伝子組み換え技術牛痘ウイルス

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android