凍瘡(読み)とうそう(英語表記)chilblain; pernio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凍瘡
とうそう
chilblain; pernio

俗にしもやけという。寒冷 (0~5℃程度) による末梢循環障害で起る皮膚病変で,発症には体質的要因以外に低蛋白血症も関与するものと思われる。症状により多形滲出性紅斑型とびまん型に大別される。前者は浮腫性の環状紅斑が四肢末梢,肘頭,膝蓋部などに生じ,かゆみを伴うことが多い。後者は紫紅色の浮腫状の腫脹で,ときに水疱,びらん,潰瘍化がみられる。四肢末梢,耳介などに好発する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とう‐そう〔‐サウ〕【凍×瘡】

冷たい空気に長時間さらしたために皮膚の血行障害が起こり、手足・耳などの皮膚が赤紫色にはれる症状。しもやけ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

凍瘡
とうそう
chilblain英語
Frostbeuleドイツ語

いわゆる「しもやけ」のことで、気温3℃前後の際にもっとも生じやすいといわれる。一定の素因(体質)のある人に、凍結するほどでない寒冷刺激のため、皮膚の血管が収縮し血流がうっ滞する。この状態においては、動脈側の血管収縮は長く続きにくく、しばらくたつと血管が拡張してしまい、血液の成分が漏出し、赤く腫(は)れるために生じる。自覚症状としてかゆみがあり、暖まるとその激しさを増す。学童および思春期に好発し、男性に比し女性に多くみられ、晩秋から初冬にかけてと、終冬から早春にかけての季節の変わり目に頻発する。好発部位は凍傷と同様で、手足の指の末端、手足の背面、耳たぶ、鼻の頭、頬(ほお)などの末端露出部位である。症状としては、紫藍(しらん)色の浮腫(ふしゅ)性潮紅(ちょうこう)を主徴として樽柿(たるがき)様の外観を示す樽柿型と、皮膚面よりやや隆起し爪(つめ)の広さほどの大きさの淡紅色ないし暗赤色の境界明確な紅斑(こうはん)の散在を主徴とし、ときに水疱(すいほう)を伴う多形滲出(たけいしんしゅつ)性紅斑型がある。樽柿型は温度較差が大きいときに生じやすく、幼小児に多くみられる。多形滲出性紅斑型は低温に長時間さらされたときに生じやすく、年長者に多くみられる。
 凍瘡にかかりやすい人は、血行を妨げないように大きめの手袋、靴下などを早めに用いて保温に努め、手足のマッサージ、温浴などを行って血行をよくする。寒気とともに湿気が凍瘡を生じやすくするので、水仕事や雪遊びのあとは乾いた布で水けをよくふき取る。靴の中が湿らないようにすることもたいせつである。ビタミンEなど血行をよくする内服薬および外用薬が有効である。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐そう ‥サウ【凍瘡】

〘名〙 しもやけ。凍傷。《季・冬》 〔医語類聚(1872)〕 〔石室秘籙‐凍

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の凍瘡の言及

【霜焼け】より

…医学的には凍瘡(とうそう)pernioという。手足,耳たぶ,鼻の先端,ほおなどが寒気に繰り返しさらされ,末端部の血液循環障害が起こるために発生する。…

【凍傷】より

…低温による損傷の一種。低温による損傷には,(1)局所の循環障害による凍瘡(とうそう)(霜焼け),(2)組織の凍結による凍傷,および(3)全身的反応による凍死がある。損傷を起こす温度は必ずしも氷点以下とは限らず,湿度,風速,金属など熱良導体との接触の有無などにも左右され,また個体の栄養状態,年齢,疲労度,低温にさらされる時間も関与してくる。…

※「凍瘡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凍瘡の関連情報