コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種肥 シュヒ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ひ【種肥】

まいた種に施す肥料。たねごえ。

たね‐ごえ【種肥】

種子に施す肥料。種子の発芽の促進や、発芽後の生育助成のために行う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅひ【種肥】

たねごえ【種肥】

発芽を早め、生育をよくするために種子に施す肥料。肌肥はだごえ。しゅひ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

種肥の関連キーワード三菱瓦斯化学エスマーク古在由直船舶算法潰百姓種子肌肥地租畜産

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android