コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種蒔き/種播き タネマキ

デジタル大辞泉の解説

たね‐まき【種×蒔き/種×播き】

[名](スル)
田や畑に植物の種をまくこと。播種(はしゅ)。種おろし。
八十八夜の前後に、稲のもみを苗代にまくこと。 春》「―や万古ゆるがず榛名(はるな)山/鬼城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たねまき【種蒔き】

( 名 ) スル
田畑に種をまくこと。特に、八十八夜の前後に、苗代に稲の種をまくこと。たねおろし。 [季] 春。 「畑に-する」
金もうけなどの材料・きっかけを作ること。 「九郎助殿の留主を考へ何ぞ-にか/浄瑠璃・布引滝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

種蒔き/種播きの関連キーワードアルベール コルベジェ中村 仲蔵(3代目)亀戸事件種蒔く人平ら・平不熟日万古

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android