コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種蒔き/種播き タネマキ

2件 の用語解説(種蒔き/種播きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たね‐まき【種×蒔き/種×播き】

[名](スル)
田や畑に植物の種をまくこと。播種(はしゅ)。種おろし。
八十八夜の前後に、稲のもみを苗代にまくこと。 春》「―や万古ゆるがず榛名(はるな)山/鬼城

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たねまき【種蒔き】

( 名 ) スル
田畑に種をまくこと。特に、八十八夜の前後に、苗代に稲の種をまくこと。たねおろし。 [季] 春。 「畑に-する」
金もうけなどの材料・きっかけを作ること。 「九郎助殿の留主を考へ何ぞ-にか/浄瑠璃・布引滝」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone