コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苗代(読み)なわしろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

苗代
なわしろ

水稲の苗を仕立てる苗床。普通,水田の一部を区切り,種子を密植し,一定の大きさの苗になるまで育てる。苗代における育苗本田での稲の生育に大きく影響するので,施肥や管理は十分注意して行われる。普通に行われる水苗代のほか,畑苗代 (乾田苗代) ,折衷苗代などがあり,寒冷地ではさらに保温折衷苗代や,ビニルフィルムをかぶせる方法などが用いられている。普通種まきから約 50日で育苗が終り,田植えを行う。日本では平安時代すでに苗代の形式があったことが知られる。苗代に関しては各地に古くから多くの民俗行事がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

苗代【なわしろ】

イネの苗を育成する場所。移植による安全で良好な生育がもたらす反当収量の増加が主目的で,たとえば寒地では生育初期の低温障害から苗を保護するため,二毛作・多毛作の行われる暖地では土地利用度を高めるために設けられる。水苗代と畑苗代に大別され,前者には普通水苗代,通し苗代保温折衷苗代などがあり,後者には温床苗代,冷床苗代,ビニル保温苗代などの種類がある。水苗代では苗の生育が早く,いもち病が少ないが軟弱徒長することが多い。また畑苗代は強健な苗をつくるが,いもち病に弱いなどの欠点がある。最近は,機械移植に適応させるために人工的な育苗施設を用いた箱育苗が普及している。
→関連項目イネ(稲)苗床

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なわしろ【苗代】

イネの苗を育てる苗床イネの栽培は直まき法と移植法に大別されるが,現在の日本では直まき法による栽培は作付面積の1%未満で,ほとんどが移植法によっている。移植栽培においては,苗代で育てる苗の良否が本田での生育や最終的な収量を左右し,〈苗半作〉(良い苗を育てることは,収量の半分が保障されたようなものである)とまでいわれる。このため本田に移植した際の根づき(活着)がよく,以後の生育の速いがっちりした姿の苗,いわゆる“健苗”を育成するために,苗代の作りと苗の管理に各種のくふうが加えられてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なえしろ【苗代】

なわしろ【苗代】

稲の種をまいて苗を育てる所。苗代田。田植えが機械化された現在は育苗箱が多く用いられる。なえしろ。 [季] 春。 「 -をうつ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

苗代
なわしろ

水稲、イグサなど湛水灌漑(たんすいかんがい)して育苗する苗床をいう。水稲は現在は移植が機械化され、苗は育苗箱で育てられる。育苗箱はビニルハウスなど育苗施設に並べられるが、その床は畑状態であることが多く、また湛水の苗代も暖地などで用いられている。
 苗代における管理は毎日の温度調節、灌水、追肥などであるが、この技術によって苗の素質が決まり、それは移植以降の本田での生育と収量に大きな影響を及ぼす。管理の主眼は、寒冷地では苗の生育を順調に進めるよう保温に注意すること、暖地や高温期には苗を徒長させないようにすることにあり、いずれも健全な苗、すなわち根張りがよく、茎葉の太いがっしりした苗をつくることにある。健苗は移植してただちに発根し、活着力が強く、以降の生育や分げつも優れる。
 苗代は、水稲が直播(じかま)き栽培から移植栽培にかわった奈良・平安時代ごろから始まり、現在に至っているが、いろいろの形式が時代とともに変遷してきた。(1)水(みず)苗代 もっとも古くからの方式で、常時湛水する。このため雑草の発生や鳥害は軽減させることができる。資材や労力は少なくてすむが、保温は水に頼るだけなので、苗は根張りが弱く、活着も遅い。(2)畑(はた)苗代 畑状態で育苗するもの。とくに水田の一部を干してつくるものを陸(おか)苗代という。苗代用水の不足や暖地の二毛作地帯などで行われた。根張りが優れ、活着がよいじょうぶな苗ができるが、雑草や鳥害が多い。(3)折衷(せっちゅう)苗代 水苗代と畑苗代とを折衷したもので、前期は湛水状態にし、中期は床の踏切溝(ふみきりみぞ)にのみ湛水し、後期は畑苗代状態にする方式である。初期は水により保温され、後期は根の生育が強化されるので、苗ぞろいがよく、活着が優れる。暖地の多収穫栽培に用いられた。(4)保温折衷苗代 折衷苗代と基本的に同じであるが、播種(はしゅ)後、焼籾殻(もみがら)を覆土し、温床用油紙やビニルシートで被覆して保温する方式で、初期生育が促進され、健苗ができ、しかも従来より早く田植ができる。昭和30年(1955)ごろより寒冷地の稲作の安定と暖地の早期栽培に貢献した。(5)ビニル苗代 保温折衷苗代あるいは畑苗代の上にビニルをトンネル状に被覆して保温するもので、ともにより早期の育苗を可能にし、かつ健苗をつくることができ、昭和40年代には寒冷地ではほとんどこの形式にかわった。(6)温床苗代 ビニル畑苗代の床下に醸熱資材あるいは電熱線を埋設して加温するもの。北海道や東北などの寒冷地で、より早期により安全に育苗する方式として用いられた。
 現在の育苗の方式は、保温折衷苗代、ビニル苗代および温床苗代などの利点をとり、箱育苗に応用したものである。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の苗代の言及

【育苗】より

…育苗の場を苗床,苗圃(びようほ)という。水稲では苗代といい,畑作物などでは苗畑ともいう。育苗後の苗は本田・本畑に移植するのが普通である。…

【田植】より

…しかし,日本でも古代の稲作は直播方式であったのではないかといわれている。苗代あるいは育苗箱内で苗を育て,これを1株ずつ植える田植方式は,直播に比べると多くの労働力を必要とするにもかかわらず,日本で一般的に行われている理由は,(1)本田での生育期間が短縮され,土地の利用度を高めるとともに春先の不安定な気象条件から幼苗を保護することができる,(2)発芽したばかりの幼植物に比べて大きな苗を植えることにより,雑草に対する競争力が大きい,(3)苗を狭い苗代,育苗箱で育てることにより,苗の保護管理(保温するなど)が行きとどき,良い苗を選びそろえて移植することができるなどによるものである。日本では,昭和30年代までは苗代で育苗し,約7枚の葉をつけた大きな苗(成苗)を手で植えていたが,40年代に入って田植機が開発され,約10年で全国の水田面積の90%以上が機械移植に変わった。…

※「苗代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

苗代の関連情報